動物病院紹介

ごあいさつ

当院は2012年2月に帝釈天で周知の葛飾区柴又に開院いたしました。東京都東部エリアでは数少ないうさぎと小動物の専門病院です。
「すべての動物に平等な医療を」を信念に日々診療に取り組んでおります。
正確な診断や高度な獣医療のご提供だけでなく、愛情を持って動物に接することをお約束いたします。

院長プロフィール

院長 進藤祐介
院長 進藤祐介

山梨県北杜市(旧北巨摩郡)小淵沢町出身
日本獣医生命科学大学卒業

所属団体

  • エキゾチックペット研究会
  • 鳥類臨床研究会
  • 爬虫類と両生類の臨床と病理のための研究会
  • 観賞魚臨床研究会

業績

学会発表

  • 第16回中部小動物臨床研究発表会 観賞魚専門店で見られる市販魚病薬の適応範囲についての検討
  • 第16回中部小動物臨床研究発表会 子宮腺癌により斃死したウサギのリンパ腫の1例
  • 第17回中部小動物臨床研究発表会 アホロートル(Ambystoma mexicanum)の胃内異物の1例
  • 第18回中部小動物臨床研究発表会 キンギョに認められた体表腫瘍の2例
  • 第28回動物臨床医学会年次大会 後肢切断後縫合部に膿瘍を認めたウサギの1例
  • 2008エキゾチックペット研究会症例発表会 腹部膨満を主訴として来院したキンギョの1例
  • 2009エキゾチックペット研究会症例発表会 フェレットの多発性骨髄腫の2例
  • 2009エキゾチックペット研究会症例発表会 キンギョに認められた体表腫瘍の2例
  • 2009エキゾチックペット研究会症例発表会 肝生検を実施したアホロートル(Ambystoma mexicanum)の1例
  • 2011エキゾチックペット研究会症例発表会 ウサギの急性胃拡張における内科的治療法の検討
  • 2012エキゾチックペット研究会症例発表会 ウサギの大動脈弁狭窄症の1例
  • 2017エキゾチックペット研究会症例発表会 肝硬変を呈したウサギの1例

講演

  • うさFESTA2012 呼吸器疾患
  • うさFESTA2013 家庭内の事故(骨折、誤食など)
  • うさFESTA2014 消化管うっ滞
  • 2014年~ 日本獣医生命科学大学 「鳥・特殊動物の臨床」非常勤講師
  • うさFESTA2015 斜頸の対処法
  • うさFESTA2016 生殖器の病気
  • うさFESTA春2017桜祭 健康診断2つのチェック法+α
  • うさFESTA 2018 ウサギの毛咬み(バーバリング)

獣医学書

  • 小動物皮膚科専門誌SMALL ANIMAL DERMATOLOGY(インターズー) 「エキゾの皮膚病」連載中
    ・29号 ウサギ梅毒
    ・30号 モルモットのハジラミ症
    ・31号 セキセイインコの疥癬/ハムスターのイエダニ症
    ・32号 ウサギのツメダニ症/鳥の痛風
    ・33号 間違えやすいエキゾの皮膚症状
    ・34号 ウサギの足底皮膚炎/フェレットのミミダニ症
    ・35号 ウサギの頭部周囲の湿性皮膚炎(臼歯の不正咬合)
    ・36号 ウサギの下顎の湿性皮膚炎 臼歯不正咬合
    ・37号 ハムスターのニキビダニ症/ウサギの疥癬
    ・38号 フェレットの副腎疾患
    ・39号 オカメインコの熱傷 ウサギに寄生するマダニ類
    ・40号 ウサギの皮膚糸状菌症 モルモットの毛包上皮腫
    ・41号 ウサギの毛咬み症 モルモットの疥癬
    ・42号 モルモットの乳腺腫瘍 ハムスターの頬袋脱
    ・43号 ウサギのズツキダニ症 チンチラの皮膚糸状菌症
    ・44号 ハリネズミの疥癬 フェレットの肥満細胞腫
    ・45号 ハムスターのアレルギー様皮膚炎 モルモットのホルモン性脱毛
    ・46号 ウサギの膿瘍
    ・47号 金魚の白点病 烏骨鶏の趾瘤症
    ・48号 ウサギのミミダニ症 ハリネズミの絞扼による外傷
    ・49号 モルモットのズツキダニ症 ウサギのハエウジ症
    ・50号 鳥の副鼻腔炎
    ・51号 ウサギの炎症性ポリープ フクロモモンガの自咬症
    ・52号 モルモットの足底皮膚炎 ウサギの脂肪腫
  • 臨床家のためのエキゾチック専門誌 季刊VEC(インターズー)
    ・23号 観賞魚の入院時に必要な飼育器具と入院管理の注意点
    ・27号 観賞魚の麻酔 キンギョにおける体表腫瘍の摘出術
  • エキゾチック動物診療のための専門誌 エキゾチック診療(インターズー)
    ・9号 診察力をupするエキゾチック哺乳類の身体検査と投薬法 ハリネズミ 警戒させない診察を!
    ・30号 キンギョの三大疾患 その1:白点病
    ・35号 両生類の三大疾患 その2:異物誤飲
         キンギョの三大疾患 その2:ミズカビ病
         投稿論文 肝硬変を呈したウサギの一例
  • J‐VET(インターズー) ウサギの疾病小事典(2012-2013)
    ・№299 口腔疾患
    ・№300 消化器疾患1
    ・№301 消化器疾患2
    ・№302 泌尿器疾患
    ・№303 皮膚疾患1
    ・№304 皮膚疾患2
    ・№305 神経・筋・骨格疾患1 斜頚
    ・№306 神経・筋・骨格疾患2 骨折・脱臼
    ・№307 神経・筋・骨格疾患3 関節疾患・ヘルニア
    ・№308 眼科疾患
    ・№309 循環器・呼吸器疾患
    ・№310 生殖器疾患
    ・№311 その他の疾患
  • J‐VET(インターズー) ウサギの臨床テクニック(2013-2014)
    ・№313 身体検査・保定の基本と心構え
    ・№314 採血法と血液検査
    ・№315 尿検査と糞便検査
    ・№316 注射・カテーテル
    ・№317 経口投与と強制給餌
    ・№318 麻酔
    ・№319 去勢手術
    ・№320 避妊手術
    ・№321 歯科処置
    ・№322 X線検査①
    ・№323 X線検査②
    ・№324 超音波検査
    ・№325 その他の検査
  • J‐VET(インターズー) ハムスター&モルモットの臨床テクニック(2014~連載中)
    ・№326 ハムスターの身体検査
    ・№327 モルモットの身体検査
    ・№328 ハムスターとモルモットの診療ファーストコンタクト
    ・№329 ハムスターの尿・糞便検査
    ・№330 モルモットの尿・糞便検査
    ・№331 ハムスターの血液検査
    ・№332 モルモットの血液検査
    ・№333 ハムスターへの注射
    ・№334 モルモットへの注射
    ・№335 ハムスター・モルモットへの経口投与・強制給餌(総論)
    ・№336 ハムスター・モルモットへの経口投与・強制給餌(実践編)
    ・№337 ハムスターへの麻酔処置
    ・№338 モルモットへの麻酔処置
    ・№339 歯科処置①ハムスター・モルモットの切歯の不正咬合
    ・№340 歯科処置②モルモットの臼歯の不正咬合
    ・№341 ハムスターのX線検査
    ・№342 モルモットのX線検査
    ・№343 モルモットの超音波検査
    ・№344 ハムスターの超音波検査
    ・№345 モルモットの皮膚検査①
    ・№346 モルモットの皮膚検査②
    ・№347 ハムスターの皮膚検査①
    ・№348 ハムスターの皮膚検査②
    ・№349 モルモットの体表腫瘤
    ・№350 モルモットの乳腺腫瘍
    ・№351 ハムスターの体表腫瘤
    ・№352 遭遇機会の多い疾病の検査・処置(モルモット編)
    ・№353 遭遇機会の多い疾病の検査・処置(ハムスター編)
    ・№354 モルモットの開腹手術
    ・№355 ハムスターの開腹手術

一般書籍

  • 監修 うちのうさぎのキモチがわかる本(Gakken)
  • 監修 うさぎの時間(誠文堂新光社)
  • 月刊アクアライフ(マリン企画) 2008年2月号 観賞魚のエックス線による画像診断
  • 監修 愛鳥家専門誌「ALL BIRDS」(インターズー)Vol.8 「鳥の爪切りをやってみよう」
  • 監修 愛玩動物with PETs 3月号(インターズー)「特集 ウサギの適正飼養」

施設紹介

受付
受付
待合室
待合室
  • 第1診察室
    第1診察室
  • 第2診察室
    第2診察室
  • 手術室
    手術室
  • 集中治療室
    集中治療室

うさぎと鳥・小動物の専門病院
バニーグラス

〒125-0052
東京都葛飾区柴又4-9-2-2F
電話:03-5876-8219

●診療対象動物

うさぎ、小鳥、フェレット、モルモット、ハムスター、インコなどを診療

●診療時間

AM9:00~12:00
(最終受付11:30)
PM14:00~19:00
(最終受付18:30)

●アクセス

京成金町線「柴又」駅より徒歩20秒
柴又街道「帝釈天参道」交差点そば
京成バス55系統「柴又帝釈天」
停留所より徒歩2分