フェレットの副腎疾患

副腎は身体の左右に1つずつあり、アドレナリンに代表されるいろいろなホルモンを分泌する器官です。フェレットではこの副腎が腫瘍化してしまうなどの副腎疾患があらゆる年齢(早いコでは2歳くらいから)でみられ、様々な症状を引き起こします。

症状

●尾~腰背部から脱毛がはじまり、その後全身に広がることもあります。
ferret02●雌では陰部や乳腺が腫れる。
●攻撃的になったり体臭がきつくなる。
●進行すると貧血排尿不全による尿毒症など生命を脅かす症状が発現します

検査・診断方法

副腎が腫大していないか 大きさを計測することができます
副腎が腫大していないか
大きさを計測することができます

触診や血液検査、レントゲン検査などを駆使し、総合的に診断します。特に超音波検査はフェレットに負担がなく確実性も高い検査法です。

治療

フェレットの副腎疾患の治療は大きく分けて「外科治療」と「内科治療」の2つの方法があります。

■外科治療

異常な副腎を摘出することにより根治が可能な方法です。特に腫大した副腎が癌だった場合は癌を体内から取り除けるので非常に効果的です。全身麻酔を施しての手術になるため併発疾患や高齢の個体では困難なことがあります。

■内科治療

副腎から過剰に分泌されるホルモンを抑制する薬剤を1~数か月ごとに接種します。約95%のコに改善の効果が現れ、一回の治療費用は外科手術と比較しておさえることができます。しかし、継続治療が必要であり再発率はやや高いといわれています。

副腎疾患の治療はフェレットの状態や年齢、病気の進行度等に合わせた治療法を選択しなくてはなりません。この疾患の治療は長期にわたってしまうことも多いため、当院では飼い主様のお気持ち・ご意向を尊重し、最適な治療法をご提示したいと考えております。どうぞ診察室でお気軽にご相談ください。