メガバクテリア症(AGY症、マクロラブダス症)

鳥類の感染症の一種であり、その病原体は以前はMega(大きな)Bacteria(細菌)と呼ばれ、治療法が確立されてなく致死率の高い疾病でしたが、その正体は細菌ではなく真菌である特殊な酵母菌の感染によるものと報告されました。現在では治療法が確立しつつありますが、病気の発見の遅れと病態の進行の速さにより重篤になるケースも多く、恐ろしい疾病であることにはかわりがありません。 多くの鳥種に感染をすることが知られていますが重篤になりやすいのはセキセイインコ、オカメインコの幼鳥、マメルリハインコ、キンカチョウ、カナリアです。

症状

  • 削痩  「Going Light」(どんどん痩せていく)と呼ばれ筋肉が委縮してしまいます。
  • 食欲不振  嘔吐・下痢・黒色便などの消化器症状が見られます。重症例では吐血を起こすことがあります。
  • 膨羽、沈うつなど  元気がなく、動かなくなります。
  • 無症状のこともありますが免疫低下により急性発症し、生命にかかわることがあります。

※元気で食欲があったとしても必ず治療をしなければいけません

検査・診断

「メガバクテリア」の菌体(矢印)  大きさや厚さに様々なタイプが存在します
「メガバクテリア」の菌体(矢印)
大きさや厚さに様々なタイプが存在します

糞便検査によってメガバクテリアを検出します。検出率は100%ではないので繰り返し検査を受けるのが効果的です。

治療

メガバクテリアを排除するための投薬(※抗生物質は無効です)と消化器症状に対しての支持療法を徹底する必要があります。
幼鳥期のメガバクテリア症は早期発見によって多くが治癒しますが、大人になってから発症した場合、後遺症が残ってしまうこともあります。 早期発見・早期治療が非常に重要です!